種のタネによるどうでも良い日々
本当にタイトルどおりどうでも良い日々や勝手な思い込みを書いていきたいと思っておりますですよ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク

 ランキング参加中~♪
 宜しければ一つポチっとお願いします。↓

人気ブログランキングへ


ブログランキングへ行かれる方はこちらからどうぞ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 アニメブログへ

仮面ライダードライブ 第19話「なにが刑事を裁くのか」感想。
 やっはろー

 さて、今回もきっちり事件をしていた「仮面ライダードライブ」。
 複線の動画も回収完了。
 第19話「なにが刑事を裁くのか」です。

 真のジャッジを捕まえるため、ジャッジロイミュードと手を組んだ橘(中沢青六)。すべては、ジャッジの汚名を着せられたまま兄を殺され、幸せになれない秋絵(東亜優)のため…。進ノ介(竹内涼真)は橘の強い決意を知る。

 剛(稲葉友)をジャッジに祭り上げた映像から、真のジャッジが宇津木(青柳尊哉)であることがわかる。追田警部補(井俣太良)らは、懸命に宇津木の行方を追うが…。

 刑事のカンで宇津木の復讐の現場を絞り込んだ追田は、宇津木を逮捕。進ノ介の捜索で殺人の証拠となるボタンも発見された。

 橘を裏切り、自ら復讐代行人になろうとジャッジロイミュードが暴走。進ノ介はドライブに変身、「お前に正義を名乗る資格はない!」と、ジャッジロイミュードを撃破する。
公式サイトより)


 今回もきっちりとした事件でしたね。
 ジャッジの正体に動画、殺人に関してはお粗末な動機でしたが、犯人にとっては重要なこと。
 ストーリ的には良いものではないかな?
 この調子で、ストーリ重視で進んでほしいですね。
 ……、無理かな?

 それでは、この辺りで。
 戦闘よりも面白い。
 ではでは、

 ちぇりお!



スポンサードリンク

 ランキング参加中~♪
 宜しければ一つポチっとお願いします。↓

人気ブログランキングへ


ブログランキングへ行かれる方はこちらからどうぞ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 アニメブログへ

テーマ:仮面ライダードライブ - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 種のタネによるどうでも良い日々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。