種のタネによるどうでも良い日々
本当にタイトルどおりどうでも良い日々や勝手な思い込みを書いていきたいと思っておりますですよ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク

 ランキング参加中~♪
 宜しければ一つポチっとお願いします。↓

人気ブログランキングへ


ブログランキングへ行かれる方はこちらからどうぞ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 アニメブログへ

仮面ライダードライブ 第18話「なぜ追田警部補はそいつを追ったのか」感想。
 やっはろー

 さて、今回は定番の事件である「仮面ライダードライブ」。
 犯人の動機は?
 第18話「なぜ追田警部補はそいつを追ったのか」です。

 復讐代行の闇サイト「ジャッジ・タイム」の管理人によるものと思われる悪人襲撃事件が続発した。追田警部補(井俣太良)は、5年前、尊敬する先輩刑事・橘(中沢青六)とジャッジを名乗る犯人による同様の事件を思い出す。

 その事件はジャッジが自殺し終わったかに見えたが、追田と橘は真犯人は別にいると確信。捜査を継続したものの、逮捕に至らず、橘は2年前に定年を迎えていた。

 橘に発破をかけられ、今度こそは、とジャッジ逮捕に執念を燃やす追田。ついにジャッジロイミュードを発見、進ノ介(竹内涼真)もドライブに変身しジャッジに立ち向かう。

 しかし、そのジャッジの正体はなんと橘だった。がく然とする追田。そして、現れた魔進チェイサーはドライブとマッハを追い詰めると、剛(稲葉友)に決定的な一撃を放ち…。
公式サイトより)


 今回は定番の事件ですね。
 過去に事件を追っていた刑事さんの無念や憤りが原因かな?
 まあ、よくある動機、といえるかもしれません。
 もしかすると定番の動機を越える理由があるかもしれませんが、今のところは定番。
 やはり、この展開だと、追田さんが決着をつけたほうが格好よさそうですね。
 う~ん、どう締めくくるかな?
 
 それでは、この辺りで。
 複線なのか、マッハの動画はどこで意味を成す?
 ではでは、

 ちぇりお!



スポンサードリンク

 ランキング参加中~♪
 宜しければ一つポチっとお願いします。↓

人気ブログランキングへ


ブログランキングへ行かれる方はこちらからどうぞ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 アニメブログへ

テーマ:仮面ライダードライブ - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 種のタネによるどうでも良い日々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。