種のタネによるどうでも良い日々
本当にタイトルどおりどうでも良い日々や勝手な思い込みを書いていきたいと思っておりますですよ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク

 ランキング参加中~♪
 宜しければ一つポチっとお願いします。↓

人気ブログランキングへ


ブログランキングへ行かれる方はこちらからどうぞ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 アニメブログへ

龍ヶ嬢七々々の埋蔵金 第2話「七重島第三高等部・冒険部」感想。
 やっはろー

 さて、冒険もまもなくな予感がしてきた「龍ヶ嬢七々々の埋蔵金」。
 主人公は体力バカ。
 第2話「七重島第三高等部・冒険部」です。

nanana 2 3
nanana 2 1

 主人公は頭脳よりも体力派でしたね。
 まあ、OP通りかな?
 コレクションも一つ登場し、その力の凄さがわかる。
 だが、それはアスミンこと自称名探偵に持っていかれる。

nanana 2 2

 また、お色気担当は男の娘でした。
 ザーサンの仕事量はまあ、さて置き。
 彼の仕事ぶりはスゴイ。
 パンチラを見せたくても男ゆえに見せられない。
 まさに、チラリズムが可能なキャラクタなのですよ。

nanana 2 3

 くっ、完璧な罠じゃないか;;
 だが、あえて退かぬ。
 今後も彼(女?)の活躍も期待していきたい。
 
 それでは、この辺りで。
 冒険部のあの人が事件に……、なんてないかな?
 ではでは、

 ちぇりお!

スポンサードリンク

 ランキング参加中~♪
 宜しければ一つポチっとお願いします。↓

人気ブログランキングへ


ブログランキングへ行かれる方はこちらからどうぞ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 アニメブログへ

テーマ:龍ヶ嬢七々々の埋蔵金 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
龍ヶ嬢七々々の埋蔵金の第2話を見ました。 第2話 七重島第三高等部・冒険部 空から落ちてきた謎の宝石を拾った重護だったが、自称名探偵の壱級天災とその付き人で男の娘の星埜ダルクは宝石の行方を追って幸せ荘202号室にたどり着いていた。 「この盗まれた宝石は私が責任を持って警察に届けておくから安心しろ」 その後、転入してきた天災とダルクと重護は同じクラスになるのだった。...
2014/04/18(金) 20:55:40 | MAGI☆の日記
copyright © 2005 種のタネによるどうでも良い日々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。