種のタネによるどうでも良い日々
本当にタイトルどおりどうでも良い日々や勝手な思い込みを書いていきたいと思っておりますですよ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク

 ランキング参加中~♪
 宜しければ一つポチっとお願いします。↓

人気ブログランキングへ


ブログランキングへ行かれる方はこちらからどうぞ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 アニメブログへ

仮面ライダー鎧武 第22話 「7分の1の真実」感想。
 やっはろー

 さて、どんどん隠されていた事実が判明する「仮面ライダー鎧武」。
 辛い現実。
 第22話 「7分の1の真実」です。

 ヘルヘイムの存在が沢芽市の人々に知られた場合、ユグドラシルは街全体を消し去るためのスカラーシステムを開発していた。そうまでして秘密を守る意味があるのか?シド(波岡一喜)から事実を知らされた紘汰(佐野岳)は、光実(高杉真宙)に怒りをぶつけるが、ユグドラシルの幹部であることを隠している光実は苦々しい思いでただ話を聞くだけだ。

 沢芽市のど真ん中にクラックが出現した。ユグドラシルは道路工事を装い、クラックを隠すが、インベスが現れては一般市民にヘルヘイムの存在がバレてしまう。貴虎(久保田悠来)はクラックのヘルヘイム側でインベスの侵入を食い止めることを提案。スカラーシステムの発動は、その対策を講じてから、と凌馬(青木玄徳)らに命じる。

 一方、舞(志田友美)からクラックの報告を受けた紘汰は光実と現場へ急行。貴虎と同様、クラックのヘルヘイム側でインベスの侵入を阻止することにする。

 紘汰と光実がクラックのヘルヘイム側に到着すると、すでにマリカ、黒影戦隊が次々と現れるインベスと戦っていた。紘汰はそんな彼らの前に堂々と出ていくと、凌馬から一時休戦し共同でインベスと戦おうと提案される。その話を聞いた光実は、万一のときに舞らを守る、とクラック前での防衛は紘汰に任せて去っていく。

 紘汰は大量のインベスを前に鎧武(ガイム)に変身。ジンバーチェリーアームズにチェンジし、マリカとともに次々とインベスを倒していく。そんな鎧武(ガイム)の戦いぶりに感心しながら、凌馬はユグドラシルのある計画について話を始める。それは…。

 そのころ街へ戻った光実は、新しいフリーステージを見学に行こうと舞らをある場所へと連れて行く。そこはフリーステージなどではなく、ユグドラシルの秘密のシェルター。スカラーシステムが発動された際の緊急避難場所だった。そんなことを知る由もない舞らは、光実に「エレベーターが故障したから」と嘘をつかれ動くこともできず…。

 凌馬によると、戦極ドライバーを装着した人間は食事をとる必要がなくなり、ヘルヘイムの環境下でも人間として生き延びることができるという。つまりドライバーの量産化は、人類を救うための切り札になる。が、凌馬によると、ドライバーは量産化しても10億個が限度。全世界の人口70億人のうち、助かるのは7分の1、10億人だけ、ということになる。そのためにユグドラシルは今後10年間で世界の人口を7分の1まで削減する計画を進めるらしい。

 人間の命をなんだと思っている!?ユグドラシルの冷酷な計画に再び怒りをたぎらせる紘汰。思わず凌馬に襲い掛かりそうになるが、あえなくマリカに阻止されてしまう。

 ようやくクラックが縮小、ついには消滅する。これでインベスが沢芽市に入る危険もなくなり、街ごと破壊される危険も回避できた。変身を解除した紘汰は突然耀子(佃井皆美)からピーチエナジーロックシードを強奪。再び鎧武(ガイム)に変身すると、サクラハリケーンでユグドラシルタワーの人工クラックへと急行する。

 紘汰の、鎧武の目的はスカラーシステムを破壊すること。鎧武は黒影部隊を倒しながら、ユグドラシルタワーの制御室を目指す。

 しかし、そんな鎧武の前に貴虎が現れた。人類の未来のために多少の犠牲はやむを得ない、という貴虎。そんなやり方をどうしても許すことができない紘汰。貴虎は斬月・真に、紘汰は鎧武(ガイム)ジンバーレモンアームズに変身。相容れることのない2人は真正面からぶつかり合う。

 いつ終わるとも知れない互角の戦いを展開する2人だったが、突如斬月・真から驚くべき言葉が飛び出す。
「葛葉紘汰、すでにお前は犠牲によって救われている…」。
 犠牲とは?疑問を抱く紘汰に貴虎は、裕也(崎本大海)がヘルヘイムの森で果実にかぶりつき、ビャッコインベスになってしまった映像、そのビャッコインベスが鎧武(ガイム)によって排除された映像を見せつける。

 なんと裕也を自分の手で…。
 初めて知らされた衝撃的な事実に崩れ落ちる紘汰。
「友人の命を犠牲にして希望をつかみとった」。
 貴虎の冷たい言葉をただ聞くしかない紘汰。もはや戦うどころか、立ち上がる力すらなくなってしまい…。

公式サイトより)


 明らかになる作戦内容。
 正直対応策がない以上、それ以上の行動、反抗が難しい。
 嫌だと簡単にいえるが、対抗策を講じないと話にならない。
 しかも、ドライバ持ちでなくてはいけないとは;;
 7分の1。
 少なくない人が消される予定。
 う~ん、どうやって解決へ導くのかな?
 また、事実を知って絶望する紘汰。
 やはり絶望しかないのか、虚淵さん;;

 それでは、この辺りで。
 最初に登場していた女の子は一体?
 そして、最強のフォームが!?
 ではでは、

 ちぇりお!
スポンサードリンク

 ランキング参加中~♪
 宜しければ一つポチっとお願いします。↓

人気ブログランキングへ


ブログランキングへ行かれる方はこちらからどうぞ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 アニメブログへ

テーマ:仮面ライダーガイム 鎧武 - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
仮面ライダー鎧武の第22話を見ました。 第22話 7分の1の真実 市民の目を誤魔化せない沢芽市の市街地の橋の上にクラックが出現し、貴虎、凌馬らユグドラシルの幹部達も激しく動揺する。 「いよいよ沢芽市を焼き払うしか他にないと結論が出たら、君がスカラーシステムのボタンを押すんだ」 「あぁ」 「安心したまえ。ヘルヘイムの方には僕が自ら赴く。君の期待に応えられるよう頑張るよ...
2014/03/16(日) 10:58:18 | MAGI☆の日記
copyright © 2005 種のタネによるどうでも良い日々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。