種のタネによるどうでも良い日々
本当にタイトルどおりどうでも良い日々や勝手な思い込みを書いていきたいと思っておりますですよ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク

 ランキング参加中~♪
 宜しければ一つポチっとお願いします。↓

人気ブログランキングへ


ブログランキングへ行かれる方はこちらからどうぞ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 アニメブログへ

仮面ライダー鎧武 第20話 「世界のおわり はじまる侵略」感想。
 やっはろー

 さて、真実を知ることになり、選択を迫られる「仮面ライダー鎧武」。
 真実を知るべきなのかどうか?
 第20話 「世界のおわり はじまる侵略」です。

 貴虎(久保田悠来)に連れられ、ヘルヘイムの森を行く紘汰(佐野岳)。何も説明してくれない貴虎に業を煮やした紘汰は、いなくなった裕也について聞いてみるが、貴虎が応えようとしたその時、インベスが襲いかかってくる。紘汰と貴虎は鎧武(ガイム)と斬月・真に変身して…。

 一方、ユグドラシル研究所で捕まってしまった戒斗(小林豊)は、凌馬(青木玄徳)らから奇妙な歓迎を受けていた。
「君は正義ではなく、弱さを裁くのが目的だそうだね。ならば我々は敵同士ではない」。
 凌馬の謎めいた言葉から戒斗はその真意を探ろうとする。

 貴虎は紘汰に、凌馬は戒斗にヘルヘイムとユグドラシルに関して説明を始める。
 そもそもユグドラシルは突如現れたヘルヘイムの謎を解明するために結成された組織。調査の結果、ヘルヘイムにつながるクラックの出現頻度がもっとも高かったのが日本の沢芽市。そこでユグドラシルは沢芽市に本拠を構えることになったという。

 かつて戒斗が子供のころに遊んでいた鎮守の森の巨木も、実はクラックから入り込んだヘルヘイムの種が単体で樹齢を重ねたもの。そのためにユグドラシルは神社を潰したのか。戒斗は怒りを露にする。しかし、凌馬はそんな戒斗を軽くあしらうかのように、君にはユグドラシルの真意を理解してもらいたい、と説明を続ける。

 紘汰はヘルヘイムの森で貴虎から植物に侵食された広大な都市の遺跡を見せられる。かつてはここにも文明があったのだが、人々はヘルヘイムの果実を食べてインベスへと変貌。文明も突如現れた森によって覆い尽くされてしまったという。

 今の沢芽市のようにクラックがあちこちに開き、ヘルヘイムの種が紛れ込む。その圧倒的な繁殖力、そして土壌を汚染し、他の草木をすべて枯らしてしまう力で一つの文明を滅ぼしてしまった。近い将来、沢芽市も同じような運命をたどるというわけだ。

 なぜだ、なぜこんなことに…。
 動揺する紘汰に貴虎は、理由などない、と冷たく言い放つ。植物が種を散らして生存範囲を広げるのは当然のこと。それこそが貴虎の言う「理由のない悪意」だった。
 沢芽市に出現するクラックの頻度は現時点で爆発的に増大している。貴虎によると、あと10年で沢芽市はおろか、全世界がこの森で見た遺跡のように森で覆われてしまうという。たった10年で…。

 そのころ沢芽市ではクラックから出現するインベスをナックルが撃破。光実(高杉真宙)も龍玄に変身し、ユグドラシルの研究員が見守る中、インベスと戦っていた。仕事を終えた光実は、その後、何事もなかったかのようにチーム鎧武(ガイム)に合流。ダンスの練習をする舞(志田友美)らを見つめながら、真実をすべて隠し、みんなの笑顔を守り通せばいい、と改めて確信する。

 しかし、紘汰は世界が危機に瀕していることを隠すユグドラシルのやり方に反発していた。しかし、貴虎はすべてが明らかになれば、人々は自分の身を守るために暴徒と化すと警告。同様の話を聞かされた戒斗は、そうかもな、と納得するのだが…。

 しかし、紘汰だけはどうしても納得できなかった。そんな危険が差し迫っているからこそ、人間たちは一つになって協力し合うのではないのか。なぜ誰も信じられないなどと言うのか。
「侵略の恐怖に立ち向かう役目は、立ち向かう力を備えた者たちだけが担えばいい」。
 貴虎の言葉に言い返せない紘汰。そこへ再びインベスが現れた。貴虎は斬月・真に変身、紘汰も鎧武(ガイム)に変身するのだが、このインベスも元は人間と思うと…。斬月・真はそんな鎧武(ガイム)を叱咤しつつ、インベスを撃破する。

 すべての説明を終えた凌馬は、改めて世界の平和を守るために、と戒斗に協力を要請する。しかし、戒斗の言い分は違っていた。侵略は絶好のチャンス、力ある者と弱い者がきっぱりと別れる、ヘルヘイムと戦って生き延びた者だけが未来をつかめばいい…。

 ヘルヘイムによる侵略、世界崩壊などものとも思わない戒斗の言葉に、凌馬、シド(波岡一喜)、耀子(佃井皆美)はそろって高らかに笑う。
「これからは共に野望の道を歩もうじゃないか」。
 満面の笑顔で戒斗を仲間に引き入れようとする凌馬。その真意とは?
公式サイトより)


 ユグドラシルの森の謎がわかりましたね。
 しかし、真実を知るには人は愚か。
 我さきなのは否めない。
 隠し続けてもいずれは危険が訪れる。
 難しい情報の出し方。
 こ、これは特定秘密~の説明も兼ねている?
 なんてね。
 何にしてもここからが選択の時。
 どの道を選び、どの結果に辿り着くのか?

 それでは、この辺りで。
 森をどうするのか、そこが問題。
 ではでは、

 ちぇりお!

スポンサードリンク

 ランキング参加中~♪
 宜しければ一つポチっとお願いします。↓

人気ブログランキングへ


ブログランキングへ行かれる方はこちらからどうぞ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 アニメブログへ

テーマ:仮面ライダーガイム 鎧武 - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
仮面ライダー鎧武の第20話を見ました。 第20話 世界のおわり はじまる侵略 「黙ってついてこい。勿論、引き返すのも自由だ」 「俺、いなくなった友達を探してるんだ」 ヘルヘイムの森で全ての真実を教えるという貴虎についていく紘汰は森で行方不明になった裕也の消息を聞こうとするが、凶暴なインベスが現れてしまい話は立ち消えになってしまう。 その頃、戒斗はユグドラシル研究...
2014/03/02(日) 11:05:42 | MAGI☆の日記
copyright © 2005 種のタネによるどうでも良い日々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。