種のタネによるどうでも良い日々
本当にタイトルどおりどうでも良い日々や勝手な思い込みを書いていきたいと思っておりますですよ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク

 ランキング参加中~♪
 宜しければ一つポチっとお願いします。↓

人気ブログランキングへ


ブログランキングへ行かれる方はこちらからどうぞ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 アニメブログへ

仮面ライダー鎧武 第18話「さらばビートライダーズ」感想。
 やっはろー

 さて、久々に朝から視聴できた「仮面ライダー鎧武」。
 終わりは始まり?
 第18話「さらばビートライダーズ」です。

 街に頻繁に現れるようになったインベス。紘汰(佐野岳)は鎧武(ガイム)に変身、沢芽市の人々を救うため懸命にインベスと戦い続ける。

 その一方で舞(志田友美)は、ビートライダーズがインベスゲームとは無関係であることを証明するために、チームの垣根をこえた「合同ダンスイベント」を企画。チームレイドワイルドやチームインヴィットなどに参加を呼び掛ける。
 しかし、彼らの反応はいまひとつ。というのも、チーム間の抗争の火種となったチームバロンとは踊りたくないから。今やチームバロン、そして戒斗(小林豊)はビートライダーズの間でも嫌われ者となっていた。

 それでもイベントを実現しなければ…。舞は紘汰とともに戒斗を説得するが、戒斗はイベントへの参加を拒否。「ダンスは力を示すための手段の一つ」と、もはや踊れなくなろうが関係ないらしい。ダンスをそんな風に思っていたとは。舞は怒りを露にすると、紘汰も戒斗に食って掛かる。

 ビートライダーズのためにも、なんとかイベントを成功させてやりたい。紘汰や舞、光実(高杉真宙)、そしてチーム鎧武(ガイム)のメンバーは呼びかけを続けるが、一方では凰蓮(吉田メタル)が城乃内(松田凌)とともに「合同ダンスイベント」つぶしの活動を開始した。やはりこのままイベントは開催されずに終わってしまうのか…。

 肩を落とす紘汰らの前にチームバロンのザック(松田岳)とペコ(百瀬朔)がやってきた。ダンスを愛する彼らは「合同ダンスイベント」に参加したいという。その一方で戒斗はチームバロンを脱退したとか。驚いた紘汰は戒斗に会い、チームバロンを抜け一人でもユグドラシルと戦うという戒斗の強い意志を確認する。

 いよいよ「合同ダンスイベント」の当日。チーム鎧武(ガイム)らがステージに立ったものの、数名しか集まらない観客に茫然としてしまう。やはりビートライダーズは沢芽市の嫌われ者…。

 暗く落ち込むビートライダーズの耳に凰蓮の高笑いが響いてきた。
「所詮、あんたたちがやってたのはアマチュアのお遊びだったってこと」。
 凰蓮の言葉に何も言い返せない舞、光実たち。

 しかし、DJサガラ(山口智充)はビートライダーズを応援していた。参加を拒否していたビートライダーズたちもサガラの映像を見ると、心を動かされる。

 お客さんがいなくても、という舞の呼びかけに応え、ステージではダンスを再開。しかし、城乃内がインベスを召喚、さらに凰蓮がブラーボに変身した。
 邪魔などさせるか!紘汰は鎧武(ガイム)に変身、インベスに立ち向かうと、光実も龍玄に変身しようとする。

 が、なんとチームバロンのザックが自分も戦うと戦極ドライバーを取り出した。戒斗が餞別だとザックに残したものだった。ザックは新たなアーマードライダー、ナックルに変身。次々現れるインベスを撃破し、ブラーボと戦う鎧武(ガイム)をサポートする。

 ブラーボのパワーで窮地に追い込まれた鎧武(ガイム)とナックルだったが、そこへバロンが合流。ナックルをサポートすると、鎧武(ガイム)はジンバーレモンアームズにチェンジし、改めてブラーボに立ち向かうと、強力なパワーで圧倒する。

 ステージでは参加を拒否していたチームレイドワイルドやチームインヴィットも合流。いつのまにやら城乃内もステージでダンスを披露すると、沢芽市の人たちも応援メッセージを送ってサポート。大成功のうちに「合同ダンスイベント」は終了する。

 戦いを終えたバロンとナックルは変身を解除。戒斗はザックに「お前はもっと強くなる」と言い残して会場を後にする。そして、仲間と笑顔で踊っていた光実は「この幸せが守れるなら…僕はどんな裏切りでもできる」と心に誓うのだった。

 一方、そんなイベントの成功を見届けた紘汰だったが、そこへ何者かの攻撃が…。なんと新たなアーマードライダー、デュークだった。
「お疲れのところ申し訳ないが、もう一度変身してもらいたい」。
 ゆっくりと紘汰に歩み寄るデューク。その狙いとはいったい…!?
公式サイトより)


 誰かの所為だと責めるより対策を考え、実行した方が早い。
 と、なお思う展開。
 一体いつまでビートライダーズの所為だと言って、助けられるつもりなのかな?
 正直、街のみんなの感覚がよくわからない;;
 責めるよりも攻めた方が良い。
 怪物が現れて、対抗できる存在がいるのだから頼れば良い。
 もしくは利用も可能でしょうに……、ただ怯えて逃げるだけではね;;
 兎にも角にも、新たなライダーの登場。
 そして、デュークの意図は?
 次回もサービスサービス!!

 それでは、この辺りで。
 謎は多い。
 ではでは、

 ちぇりお! 
スポンサードリンク

 ランキング参加中~♪
 宜しければ一つポチっとお願いします。↓

人気ブログランキングへ


ブログランキングへ行かれる方はこちらからどうぞ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 アニメブログへ

テーマ:仮面ライダーガイム 鎧武 - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
仮面ライダー鎧武の第18話を見ました。 第18話 さらばビートライダーズ このままではこの街で踊れなくなると危機感を抱いた舞は他チームに呼びかけ、「合同ダンスイベント」の開催を提案するが、レイドワイルドやインヴィットなどはこれまでの抗争の火種だったチームバロンと踊ることを拒否し、舞の思いは頓挫してしまう。 そこで紘汰は舞と共に説得しようとするが、戒斗にダンスは力を誇示す...
2014/02/16(日) 10:55:35 | MAGI☆の日記
copyright © 2005 種のタネによるどうでも良い日々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。