種のタネによるどうでも良い日々
本当にタイトルどおりどうでも良い日々や勝手な思い込みを書いていきたいと思っておりますですよ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク

 ランキング参加中~♪
 宜しければ一つポチっとお願いします。↓

人気ブログランキングへ


ブログランキングへ行かれる方はこちらからどうぞ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 アニメブログへ

仮面ライダー鎧武 第15話 「ベルトを開発した男」感想。
 やっはろー

 さて、遅れましての「仮面ライダー鎧武」。
 新たな力も意味がない?
 第15話 「ベルトを開発した男」です。

 黒影部隊に拘束された紘汰(佐野岳)と戒斗(小林豊)は、ユグドラシルの本部へと連れてこられると凌馬(青木玄徳)と耀子(佃井皆美)が待つ部屋へ。凌馬は戦極ドライバーの設計者だ、と自己紹介。自分たちをモルモット扱いしていたのはコイツか!? 怒りを露にした紘汰と戒斗は凌馬に襲い掛かろうとするが、耀子に簡単にねじ伏せられてしまう。

 あくまでも余裕の凌馬は、紘汰と戒斗にヘルヘイムの森、果実、その果実の危険なパワーをロックシードや戦極ドライバーによって安全な形で利用、人類に新たな進化をもたらした、と得意げに説明。黒影部隊を生み出した量産型ドライバーの完成でプロジェクトの目標は達成されたらしいが、凌馬はさらに新たなドライバーの開発を試みているという。その被験者にならないか、と紘汰と戒斗に提案するが、紘汰らはこれ以上ユグドラシルに利用されたくはない、と敵意をむき出しにする。

 そのころ、舞(志田友美)はチームバロンやレイドワイルドなど他チームのメンバーを集め、インベスゲームの中止を提案する。街で暴れているインベスは自分たち、ビートライダーズとは無関係であることを証明するためだが、戒斗や初瀬(白又敦)らリーダーがいなくては話にならない。すべてのチームに受け入れてもらえず、舞はただ唇をかむだけだ。

 色よい返事をしない紘汰と戒斗は、ユグドラシル本部の独房に閉じ込められる。そんな紘汰の独房の前にDJサガラ(山口智充)が現れた。こいつもユグドラシルの仲間だったのか。改めて怒りをぶつける紘汰だが、サガラは凌馬が提示する新しい力に興味を示さない紘汰に、その真意を尋ねる。
「力そのものが必要なんじゃない。肝心なのは、その使い道」。
 街をインベスから守るための力が必要だと言い切る紘汰。そんな紘汰の思いを面白いと受け入れたサガラは、新たなロックシードと独房を開けるカードキーなどを置いて去っていく。

 サガラと入れ替わるように現れた光実(高杉真宙)によって助け出された紘汰は、戒斗も救出。凌馬がいた部屋に忍び込み、戦極ドライバー、量産型のドライバーを手に逃亡を図る。が、警報が鳴り響き、モニターに逃げる紘汰らの姿が。コントロールルームでその姿を見た貴虎(久保田悠来)は、弟の光実がいることに愕然とする。
「なぜ、あいつが…!?」。

 黒影部隊に見つかり、格闘となる紘汰。光実はなんとか一人逃れると、戒斗はバロンに変身。黒影をバロンに任せ、紘汰も逃亡する。
 なんとか巨大なクラックのあるホールへとたどり着いた紘汰。クラックから外へ出ようとするが、シド(波岡一喜)に見つかってしまった。

 挑発するシドの前で紘汰は鎧武(ガイム)に変身。シドもシグルドに変身し、ヘルヘイムの森で激しい戦いとなる。が、ゲネシスドライバーのパワーを身に着けたシグルドに圧倒される鎧武(ガイム)。初瀬の仇とばかりに食らいつくものの、強烈な一撃を浴びて倒されてしまう。

 そこへローズアタッカーに乗ったバロンが合流した。バロンからロックシードを受け取った鎧武(ガイム)はサクラハリケーンに変形させ、2台のバイクを使った攻撃をシグルドにしかける。さすがのシグルドも鎧武とバロンのマシンを使った合体攻撃に圧倒される。
「今のうちだ!」。
 鎧武とバロンはそのまま森の奥へと逃走。逃がすか、とソニックアローを再び構えるシグルドだったが、その一撃を仮面ライダーマリカに邪魔される。

 変身を解除したシドは「なぜ邪魔した?」とマリカに迫るが、変身を解除した耀子は「プロフェッサー凌馬の命令で2人を泳がせることに」という。納得がいかないシドだが、従うしかない。それにしても、なぜ凌馬は紘汰らを泳がせるのか…。

 一方、いまだユグドラシルの基地から逃げられない光実は、ダンデライナーに乗った黒影軍団に囲まれていた。追い詰められた光実は龍玄に変身。ダンデライナーに向けて反撃する。
 その一部始終をモニターで確認した貴虎は、アーマードライダーに変身した弟に驚きを隠せず…。

公式サイトより)


 物語よりも、今さら弟の正体に気付いたのか!?
 お、遅い;;
 映画でも何も言わなかったのは鈍感性能のためか?
 何にしても、力の使い道はそれぞれ。
 シド達の目的もまだまだ不明。
 だが、新しいロックシード入手にベルトの話もあった。
 今後、新たなドライバ、ベルトは現れるのか?
 楽しくなってきましたね。

 それでは、この辺りで。
 真実はまだ闇の中。
 ではでは、

 ちぇりお!
スポンサードリンク

 ランキング参加中~♪
 宜しければ一つポチっとお願いします。↓

人気ブログランキングへ


ブログランキングへ行かれる方はこちらからどうぞ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 アニメブログへ

テーマ:仮面ライダーガイム 鎧武 - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
仮面ライダー鎧武の第15話を見ました。 第15話 ベルトを開発した男 「仲間が手荒な真似をしてすまない。こうして君達と落ち着いて話をするためには仕方なかったんだ」 「アンタ、誰だ?」 「私は戦国凌馬、君達が使った戦国ドライバーの設計者だ」 黒影の部隊に捕まった紘汰と戒斗はユグドラシルの基地へと連れてこられると、戦極ドライバーの開発者だという凌馬と対面し、ヘルヘイムの...
2014/01/26(日) 21:14:04 | MAGI☆の日記
copyright © 2005 種のタネによるどうでも良い日々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。