種のタネによるどうでも良い日々
本当にタイトルどおりどうでも良い日々や勝手な思い込みを書いていきたいと思っておりますですよ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク

 ランキング参加中~♪
 宜しければ一つポチっとお願いします。↓

人気ブログランキングへ


ブログランキングへ行かれる方はこちらからどうぞ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 アニメブログへ

<物語>シリーズ セカンドシーズン #13「囮物語 なでこメドゥーサ 其ノ貳」感想。
 やっはろー

 さて、どんどん可笑しくなっていく?「<物語>シリーズ セカンドシーズン」。
 それはいるの? いないの?
 #13「囮物語 なでこメドゥーサ 其ノ貳」です。

otorimonogatari 13 1

蛇の神様、クチナワから自分のご神体を探してほしいと頼まれる千石撫子。引き受けた撫子は白いシュシュの様な姿になったクチナワと一緒に、昼は中学校に行き、夜は町でご神体を探すようになる。

(公式サイトより)


otorimonogatari 13 1

 まだまだ序盤。
 だが、感の良い人ならそろそろハッとしてギャー!?
 かもしれない話。
 神様とかいっている蛇との会話。
 撫子のお話。
 
otorimonogatari 13 2

 どこか空気のように思える。
 具体性が全くない所為かな?
 それとも、どこかが嘘、なのかもしれない。
 それも具体的ではない。
 ただ、忍との会話でわかることは、撫子が望んでいる状況ではないこと。
 状況とは何を指しているのか?

otorimonogatari 13 3

 それもさっぱり。
 可愛くて、儚げで、誰からも守ってもらえる存在……。
 本当にそうなのか、エロ可愛いアニメ―ションでも見ながら結果を待ちましょう。

 それでは、この辺りで。
 黙っていても誰も気づかない、それが現実。
 ではでは、

 ちぇりお!
スポンサードリンク

 ランキング参加中~♪
 宜しければ一つポチっとお願いします。↓

人気ブログランキングへ


ブログランキングへ行かれる方はこちらからどうぞ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 アニメブログへ

テーマ:〈物語〉シリーズ セカンドシーズン - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 種のタネによるどうでも良い日々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。