種のタネによるどうでも良い日々
本当にタイトルどおりどうでも良い日々や勝手な思い込みを書いていきたいと思っておりますですよ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク

 ランキング参加中~♪
 宜しければ一つポチっとお願いします。↓

人気ブログランキングへ


ブログランキングへ行かれる方はこちらからどうぞ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 アニメブログへ

ロウきゅーぶ!SS 第10話 「wanna Be A Gamemaker」感想。
 やっはろー

 さて、遅ればせながらの小学生を愛でるアニメ「ロウきゅーぶ!SS」。
 焦りは禁物。
 第10話 「wanna Be A Gamemaker」です。

roukyubu2 10 1

紆余曲折はあったが、ようやく6年生チームと5年生チーム揃っての練習が始まった。前途は多難だが、これで公式戦へ参加も出来る。その矢先、慧心女バスの全国地区予選への出場が決まった。初戦の相手は、あの怜那もいる因縁浅からぬ硯谷女子学園だ。気合い充分で一層の練習に励むが、5年生チームは気負い過ぎて調子が出ない。また夏陽から怜那の話を聞いた昴は、その実力の高さに驚く。智花たちは空回りする後輩5人に、練習試合を通して、大事なことは勝ち負け以上にみんなで一緒にバスケを楽しむことだと伝える。その結果10人の気持ちは一つになった。いよいよ硯谷との公式戦の日がやって来た。第1クォーターは6年生チーム同士の対決だ!
(公式サイトより)


roukyubu2 10 1

 今回は何だかバスケットしている。
 六年生の強さも魅せられますね。
 五年生の焦りが力を出させないところなど、まだまだ子供。
 まあ、まさかの青峰君(名前あっているかな?)がいるなんて思わないですし;;

roukyubu2 10 2

 しかし、バスケットのシーンになると何故か孤立、一対一が良く見られるような……。
 演出ですよね?
 けしてバスケットをアニメとして手は抜いていないのですよ。
 個人的にはひなの「おー」というエコー付きの抜きがよくわからないかも。
 
roukyubu2 10 3

 きっと、速過ぎてエコーのように聴こえたのだ……。
 なるほどなるほど。
 とまあ、次回も青峰君が魅せてくれるようですし、期待しよう?

 それでは、この辺りで。
 ひなも実はキセキの世代?
 ではでは、

 ちぇりお!
スポンサードリンク

 ランキング参加中~♪
 宜しければ一つポチっとお願いします。↓

人気ブログランキングへ


ブログランキングへ行かれる方はこちらからどうぞ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 アニメブログへ

テーマ:アニメ・感想 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 種のタネによるどうでも良い日々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。