種のタネによるどうでも良い日々
本当にタイトルどおりどうでも良い日々や勝手な思い込みを書いていきたいと思っておりますですよ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク

 ランキング参加中~♪
 宜しければ一つポチっとお願いします。↓

人気ブログランキングへ


ブログランキングへ行かれる方はこちらからどうぞ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 アニメブログへ

仮面ライダーウィザード 第49話「サバトの幕開け」感想。
 やっはろー

 さて、終わりが近づき、ついにビーストの活躍の場が到来する「仮面ライダーウィザード」。
 なるほどね。
 第49話「サバトの幕開け」です。

 山本(川口真五)は、晴人(白石隼也)の目の前で魔法使い=メイジに変身。笛木(池田成志)に操られるように晴人に襲いかかる。仕方なく晴人もウィザードに変身。メイジに立ち向かうが、山本を傷つけるわけにはいかないので力を出し切れない。対するメイジの力はウィザードと同等に進化。次第にウィザードは追い詰められていく。

 その時、騒ぎに気付いたコヨミ(奥仲麻琴)が姿を現した。
「コヨミッ!」。
 ウィザードがコヨミに目を奪われた瞬間、メイジの強烈な一撃をまともに浴びてしまう。ウィザードは変身を解除、意識を失った晴人は笛木によって連れ去られてしまう。

 一方、譲(相馬眞太)が変身したメイジに倒され、意識を失っていた仁藤(永瀬匡)はキマイラに食われる夢を見て目を覚ました。ファントムの魔力を与えられず、キマイラも苛立っているのか…。

 そのころ晴人は、不思議な空間で目を覚ます。近くには同じく笛木に拉致された真由(中山絵梨奈)が。と、そこへ譲と山本を従えた笛木が現れた。サバトを今すぐにも開くという笛木は、晴人と真由、そして譲、山本の4人の魔法使いをサバトを開くための人柱にするという。

 すべては病死したコヨミを甦らせるため…。人を守るために魔法使い=ウィザードになったと思っていた晴人だったが、白い魔法使い=笛木に操られていただけだった。気落ちする晴人だったが、それでもコヨミを救えるなら、と自嘲した笑みを浮かべる。

 一向に戻らない晴人を心配した仁藤、瞬平(戸塚純貴)、凛子(高山侑子)は、笛木の邸宅へ。その書斎で見つけた魔法陣に驚く3人の前に、突如ソラ(前山剛久)が現れた。
「それがサバトの布陣さ」。
 笛木は晴人らを人柱にしてサバトを開き、集めた魔力を「賢者の石」に注ぎ込む。その魔力は日蝕の力を利用して、生贄のゲートから引き出すのだが、かつてコヨミを甦らせるために行ったサバトでは、十分な魔力を集めることができずコヨミは不完全な形でしか再生しなかった。

 しかし、晴人という魔法使いを生み出すことに成功。笛木は晴人のような魔法使いを人柱にして再びサバトを開き、コヨミを完全に甦らせようと考えたのだという。
 ソラから説明を聞き、がく然とする仁藤たち。
 一方の晴人は笛木が東京全体を魔法陣に取り込み、大量の魔力を集めようとしていることを知りがく然とする。

 晴人らは犠牲になるのではなく魔法陣を形づくる人柱。東京に住むゲートはファントムになり、魔力のない人間は息絶えてしまう…。
 コヨミのためとはいえ、そんなことは許されない。必死に抵抗する晴人だが、すでに囚われの身となった晴人にはどうすることも出来ず…。

 笛木はコヨミの前で白い魔法使いに変身。「エクリプス」の指輪で日蝕を起こし、サバトを開始する。たちまち暗くなる街で人々が苦しみ始めた。異変を察知した仁藤、瞬平、凛子。が、瞬平、凛子も苦しみ始める。
 2人を気づかう仁藤だったが、凛子に「晴人くんがいない今、笛木を止められるのはあなただけ」と言われ、白い魔法使いのもとに駆けつける。

 仁藤は白い魔法使いの前でビーストに変身。サバトを止めてコヨミも助ける、と白い魔法使いに襲いかかる。
 しかし、白い魔法使いの強大な力にかなうはずがない。ビーストにチェンジしたものの、強烈な一撃に倒れ込んでしまう。

 意識を失った仁藤は再びキマイラと遭遇する。外の世界は白い魔法使いによって、キマイラが欲しがっている魔力にあふれている。仁藤は、自分から飛び出し、外の魔力を食べ尽くせ、とキマイラを解き放つ。
 ビーストハイパーは白い魔法使いの剣を自らのベルトに突き立てると、キマイラが飛び出した。次々と魔力を食べていくキマイラ。たちまち地上の魔力は消え去り、日蝕も消滅。瞬平たちも苦しみから解放され、サバトは失敗に終わる。

「バカな…こんなことが」。
 キマイラは仁藤を解放。ビーストに変身する力を失いながらも仁藤はサバトの阻止に成功した。
 そんな仁藤に白い魔法使いは怒りを露にする。
 今まさに仁藤の命を奪おうとしたそのときだった、仁藤は「まだ希望はある」と毅然と見返す。
 その視線の先には晴人が立っていた。

「俺が最後の希望だ…」。
 怒りを秘めた晴人の反撃が始まろうとしていた…。

公式サイトより)


 キマイラの使い方が非常に良いですね。 
 魔力を食うタイプならではの攻撃。
 儀式、魔力による発動魔法に対しての効果的な攻撃。
 ……、あ、あれ?
 だとすると、今までも少量ながらこのように吸収攻撃を行えば……。
 ハイパーで実体化よりも効果的な攻撃になったかも;;
 ま、まあ、そこは置いておきましょう。
 次回は晴人さんが活躍。
 インフィニティも回収するみたいですし、本当に終わりっぽいですね。
 コヨミちゃんにとって良い最後とは?

 それでは、この辺りで。
 仮面ライダーではちょくちょくある人物の命のための闘いがありますが、この作品そうでしたね。
 ではでは、

 ちぇりお!
 
スポンサードリンク

 ランキング参加中~♪
 宜しければ一つポチっとお願いします。↓

人気ブログランキングへ


ブログランキングへ行かれる方はこちらからどうぞ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 アニメブログへ

テーマ:仮面ライダーウィザード - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 種のタネによるどうでも良い日々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。