種のタネによるどうでも良い日々
本当にタイトルどおりどうでも良い日々や勝手な思い込みを書いていきたいと思っておりますですよ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク

 ランキング参加中~♪
 宜しければ一つポチっとお願いします。↓

人気ブログランキングへ


ブログランキングへ行かれる方はこちらからどうぞ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 アニメブログへ

げんしけん 二代目 第六話「因果地平の彼方でモエを叫ぶ」感想。
 やっはろー

 さて、総受けであることが判明した後日談である「げんしけん 二代目」。
 選択肢は無数、何を選ぶ?
 第六話「因果地平の彼方でモエを叫ぶ」です。

gensiken2 6 1

コミフェスの帰り道で斑目総受けを宣言してしまった波戸。
荻上は自分の過去と重ね、波戸を孤立させないようにと、あえて自分の過去の作品を暴露する。
一方サークル棟では、放課後のみ現れる美女の正体を突きとめるべく自治会が動き出していた。
そんな中、吉武のお兄ちゃん、理人が現れる。イケメンの理人に照れまくる矢島だったが…。
(公式サイトより)


gensiken2 6 1

 斑目さんの災難はまだ続く。
 そう、まさかの総受け発言から朽木暴走。
 もう止められるのはスーか波戸ちん。
 だが、問題を起こすきっかけになったのも波戸ちん。
 この問題は簡単には解決できない。
 一方、吉武さんの妹さんが披露される。
 ショタの妹。
 格好良いのですが、中身は乙女。 
 彼女の人生経験のために飲み会が行われる。

gensiken2 6 2

 そこで見られるのは波戸ちんの本当の姿。
 こ、これはマズイ;;
 ツルツル……、何がでしょうね;;
 次回は、大丈夫かな?

 それでは、この辺りで。
 感想がまだまだ;;
 ではでは、

 ちぇりお!
スポンサードリンク

 ランキング参加中~♪
 宜しければ一つポチっとお願いします。↓

人気ブログランキングへ


ブログランキングへ行かれる方はこちらからどうぞ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 アニメブログへ

テーマ:アニメ・感想 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 種のタネによるどうでも良い日々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。