種のタネによるどうでも良い日々
本当にタイトルどおりどうでも良い日々や勝手な思い込みを書いていきたいと思っておりますですよ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク

 ランキング参加中~♪
 宜しければ一つポチっとお願いします。↓

人気ブログランキングへ


ブログランキングへ行かれる方はこちらからどうぞ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 アニメブログへ

仮面ライダーウィザード 第36話「九官鳥は語る」感想。
 うっさ~

 さて、情報を引き出すために虎穴に入る「仮面ライダーウィザード」。
 仲違いも仲の良い証拠。
 第36話「九官鳥は語る」です。

「ファントムを生み出して体が残るなんてあり得ないよ」。
 そんなソラ(前山剛久)の言葉が真実だとしたら、コヨミ(奥仲麻琴)の存在は…?
 輪島(小倉久寛)に相談しても明確な答えを得られなかった晴人(白石隼也)は、かつてコヨミとさまよった森へと再び入っていく。

 鳥井坂署管内で放火事件が続発した。その捜査に狩り出された凛子(高山侑子)も、九官鳥の入った鳥カゴを持つ容疑者の写真を手に街で聞き込みを。そこへ現れた瞬平(戸塚純貴)と立ち話をしていると、なんと2人の目の前に鳥カゴを手にした男が現れた。
 ここぞとばかり凛子は男に声をかけるが、「ゼツボウダ、ゼツボウダ」としゃべる九官鳥に気を取られた瞬間、男は逃亡。あわてて追おうとした凛子だが、瞬平にぶつかり容疑者の男を取り逃がしてしまう。
 そんな凛子の大失態に署長(小宮孝泰)はカンカン。一刻も早く容疑者を捕まえなければクビだ!と凛子に言い放つ。

 一方、不可思議な森で再び道に迷った晴人はインフィニティーに変身。魔力で張られた結界を破壊し、現れた洞窟への入り口から中へと入っていく。
 やがて目の前にはミサ(中山絵梨奈)とワイズマンが。インフィニティーはワイズマンにサバトのこと、コヨミのこと、そして賢者の石のことについて真実を教えろ、と迫るが、余裕のワイズマンはインフィニティーの魔力を使って消えてしまった。魔力を奪われ、変身を解除した晴人は、ワイズマンの底知れぬ力に驚愕する。

 落ち込む凛子に懸命にわびる瞬平だが、許すどころかまったくの逆効果。凛子は怒りの矛先を瞬平に向けると、「晴人君も大変よね、こんな助手で」と吐き捨てる。
 その言葉にカチンときた瞬平。だったら僕の手で犯人を捕まえてみせる、とタンカを切ると憤然と街へと飛び出して行ってしまう。

 とても似ていない容疑者の似顔絵を手に街行く人に聞き込みを始める瞬平。通りかかった晴人が声をかけると、なんと鳥カゴを手にした男が現れた。
 同様に聞き込みをしていた凛子も加わり、瞬平と先を争うように追跡を開始。何が何だかわからなかった晴人だったが、男の前で火の手があがるのを確認すると、連続放火事件の容疑者であることを確認。ならば、とウィザードに変身し、火を消すと男を「バインド」のリングを使い拘束する。
 ホッとしたのもつかの間、そこへファントムのラームが現れた。ファントムが現れたということは、容疑者の男はゲート?ウィザードがラームと戦っている間に男は逃走、ラームも煙幕を張って逃げてしまう。

 結局、残ったのはカゴに入った九官鳥だけ。容疑者がゲートなら保護すべき、という瞬平と、容疑者は逮捕しなければ、という凛子はさらに対立を深めていく。さすがの晴人もあきれて去っていくと、九官鳥がとある住所を口走った。どうやら男の自宅がある場所らしい。瞬平と凛子がその自宅アパートへ乗り込むがもぬけのカラ。さらに九官鳥の“証言”から男のアルバイト先も判明するが、容疑者の根本(平田実)はお休み。さらに九官鳥から聞き出した公園へ行き、ようやく根本を見つけることに成功する。

 さっそく根本を逮捕しようとする凛子と、ファントムに狙われていることを説明して保護しようとする瞬平。当の根本は瞬平らが手にした九官鳥を見つけて喜びをあらわにするが、自分は放火などしていないと犯行を否認する。

 そこへガルーダに導かれた晴人と仁藤(永瀬匡)も合流しようとするが、突如九官鳥が現れると2人の目の前でラームに変身してしまった。驚いた晴人と仁藤はウィザード、ビーストに変身。ウィザードは姿を現したソラに、ビーストはラームに立ち向かうが、ソラによると気が弱い根本は逮捕などされるとたちまち絶望してしまうという。

 ラームとソラが放ったグールに手を焼くウィザードとビースト。ウィザードはドラゴタイマーで分身しようとするが、ワイズマンに奪われたため魔力が足りず分身できない。このままでは根本は逮捕されて絶望、ファントムを生み出してしまう…。

 一方、巡回の警察官が現れ、まさに逮捕されそうになった根本だったが、瞬平は根本をパトカーに乗せると自らが運転。「降りなさい!」と乗り込んできた凛子とともに逃げ去ってしまう。

 瞬平らの行動を確認したウィザードは変身を解除。ラームは九官鳥となってパトカーを追跡、ビーストはグールを撃破し、なんとかその場をしのぎきる。
 瞬平が運転するパトカーは、脅える根本と止めようとする凛子を乗せて暴走。
 はたして3人の運命は…!?

公式サイトより)


 賢者の石、サバト、色々ありますが、今は放火魔。
 よくあるミステリですね。
 現場にいたから犯人。
 まあ、第一発見者は疑うもの。
 しかしながら、疑い過ぎですね;;
 そうでもないのかな?
 怯えている相手に過剰に追うのも逆効果。
 だが、逃げるのに警察車両はまずいよね。
 これは真犯人をみつける以外助かる道がなくなった。
 証拠はどこに?

 それでは、この辺りで。
 監視カメラなどは調べているよね;;
 ではでは、

 ちぇりお!
スポンサードリンク

 ランキング参加中~♪
 宜しければ一つポチっとお願いします。↓

人気ブログランキングへ


ブログランキングへ行かれる方はこちらからどうぞ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 アニメブログへ

テーマ:仮面ライダーウィザード - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
仮面ライダーウィザードの第36話を見ました。 第36話 九官鳥は語る 「ゲートを見つけたそうだな?」 「はい」 「流石、ミサちゃん。ホント上司として鼻が高いよ」 「折角あ
2013/05/19(日) 10:00:04 | MAGI☆の日記
仮面ライダーウィザードの第36話を見ました。 第36話 九官鳥は語る 「ゲートを見つけたそうだな?」 「はい」 「流石、ミサちゃん。ホント上司として鼻が高いよ」 「折角あ
2013/05/19(日) 10:11:42 | MAGI☆の日記
copyright © 2005 種のタネによるどうでも良い日々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。