種のタネによるどうでも良い日々
本当にタイトルどおりどうでも良い日々や勝手な思い込みを書いていきたいと思っておりますですよ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク

 ランキング参加中~♪
 宜しければ一つポチっとお願いします。↓

人気ブログランキングへ


ブログランキングへ行かれる方はこちらからどうぞ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 アニメブログへ

とある科学の超電磁砲S 第3話「超電磁砲量産計画(レディオノイズけいかく)」感想。
 うっさ~

 さて、噂の計画を確認することになる「とある科学の超電磁砲S」。
 ミサカは応える。
 第3話「超電磁砲量産計画(レディオノイズけいかく)」です。

toarukagaku2 3 2

いるはずのないところで目撃された自分。『超能力者(レベル5)』のクローン製造計画と軍事利用、そしてそれが自分のDNAマップを元にされているという噂……。美琴が出会った不思議な少女・布束によって呼び起されたその記憶によって、美琴の心は冷やされていく。なにかを知る様子の布束を問い詰めるも、謎めいた言動で煙にまかれてしまう。そして、長点上機学園の生徒であるという布束について調べるうちに、点と点が結び付いていき……美琴はとある研究施設に忍び込む――。
(公式サイトより)


toarukagaku2 3 1

 そろそろ一方さんも登場しかねない例の噂調査。
 御坂自身も信じてなかったが、噂の信憑性が高くなる情報を得る。
 最初の計画と違った、とされるクローン計画。
 
toarukagaku2 3 2

 一方、佐天さんは敗北していた。
 自身のあった噂センサ(鼻?)がお友達に一蹴されてしまうのだ。
 あはは、やはりギャグも必要?
 もしかして、これも伏線か?

toarukagaku2 3 3

 クローン計画の全貌を明らかにできるところまで行くも、データのみの閲覧で納得してしまう御坂。
 入れ違いに登場していたのは、久々の御坂妹。
 次回から面白くなってくるね。

 それでは、この辺りで。
 感想が遅れた;;
 ではでは、

 ちぇりお!
スポンサードリンク

 ランキング参加中~♪
 宜しければ一つポチっとお願いします。↓

人気ブログランキングへ


ブログランキングへ行かれる方はこちらからどうぞ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 アニメブログへ

テーマ:とある科学の超電磁砲S - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 種のタネによるどうでも良い日々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。