fc2ブログ
種のタネによるどうでも良い日々
本当にタイトルどおりどうでも良い日々や勝手な思い込みを書いていきたいと思っておりますですよ。
世紀末オカルト学院 Episode.03「美(うま)し風、吹きぬけて」感想。
 うっさ~

 さて、今回はブンメーくんの役得が待っている「世紀末オカルト学院」。
 女性の胸に弱い?
 Episode.03「美(うま)し風、吹きぬけて」です。
オカルト学院のまわりで、神隠しが起こる。天狗の仕業だと聞きつけたマヤは、「ノストラダムスの鍵」につながるかもしれないと文明をけしかける。二人の目的は、ノストラダムスの鍵を探して予言を食い止めること。しかし、文明はいまいち身が入らない。昔は良かった――スプーン曲げ少年ともてはやされた当時の自分をテレビで見て、ぽつりとつぶやく。そんな文明に、定食屋の看板娘・美風がにっこりと微笑んで…。
(公式サイトより)




天狗を捕まえに行きましょう!!

okaruto 3 1

 というわけで、今回もノストラダムスの鍵探しが行われる。
 視点はほぼブンメーさん。
 マヤちゃんの指示のもとに探索を開始する。
 仕打ちとしては厳しいものの、まあ、それだけ信頼がある、ということにしたい;;
 ちなみに、ブンメーくんの名前は文明(ふみあき)からきている。
 忘れないように。
 閑話休題。

okaruto 3 2

 その中で出会う女性たちに微妙にモテるのも特権。
 まさかの川島千尋先生こと小林さんに好意を持たれるとは。
 愛情豊かというべきなのか、妄想特急というべきなのか、恐ろしくも直球。
 早速携帯で確認するも、未来図に未来がない;;
 凄いよ小林画伯。
 
okaruto 3 3

 そして、新たな女性と出会い、新たな展開へ。
 目的の場所に入ることもできますが、感情移入が過ぎるブンメー。
 いや、ただ可愛い女性と胸に弱いだけか;;
 うん、男としては正常?
 また、中間で自分の家に電話を掛けるシーンもある。

okaruto 3 4

 やはり寂しいのかもしれない。
 一人で別の国に来たかのような状態。
 気のあるような女性には期待を持ってしまうのも仕方がないのかも。
 どちらにせよ、マヤちゃんの活躍は次回かな。

 それでは、この辺りで。
 暑いと大変だね。
 ではでは、

 ちぇりお!
スポンサードリンク

 ランキング参加中~♪
 宜しければ一つポチっとお願いします。↓

人気ブログランキングへ


ブログランキングへ行かれる方はこちらからどうぞ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 アニメブログへ

テーマ:世紀末オカルト学院 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 種のタネによるどうでも良い日々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.