FC2ブログ
種のタネによるどうでも良い日々
本当にタイトルどおりどうでも良い日々や勝手な思い込みを書いていきたいと思っておりますですよ。
仮面ライダーW 第24話「唇にLを/嘘つきはおまえだ」感想。
 うっさ~

 さて、今回はギャグパートをふんだんに、てんこ盛りになっていた「仮面ライダーW」。
 亜樹子に女性役は務まらない?
 第24話「唇にLを/嘘つきはおまえだ」です。

 ライアー・ドーパントの言葉の針に騙され、W(ダブル)はアクセルをドーパントと思い込み攻撃。亜樹子(山本ひかる)までが針のえじきになり、とんでもない行動に出てしまう。
 一方、音楽の実力のなさを思い知らされたジミー(冨田佳輔)は号泣。ライアー・ドーパントはそんなジミーの涙を紙に吸い取って去っていく。
 ジミーのためにとライアー・ドーパントに金を払って勝たせてきたゆきほ(中野公美子)だったが、すべてが裏目に出てしまった。私がしたことは間違っていたのか…。翔太郎(桐山漣)はそんなゆきほに「ジミーはあんたのおもちゃじゃない」と諭す。
 ジミーが勝てばCDデビューとなる「フーティック・アイドル」の収録日がやってきた。が、失意のジミーは音楽からの決別を決意していた。ファン=ゆきほに裏切られたから、というジミーを翔太郎は一喝。自分の弱さをゆきほのせいにしている。下手くそな自分がここまでやってこれたのは誰のおかげだ?とジミーを諭す翔太郎。ジミーの心が少しずつ動き始めた…。
 ライアー・ドーパントの正体を突き止めようと検索を繰り返していたフィリップ(菅田将暉)と竜(木ノ本嶺浩)。ジミーの涙を吸い取った「和紙」から、その正体が路上ポエム作家・沢田(モロ師岡)であることを突き止める。
 が、沢田はひと足違いで逃走。これまでか、と思われたが、ライアー・ドーパントが使っていた言葉から沢田が若菜(飛鳥凛)のファンであることがわかる。
 フィリップは若菜に電話で協力を依頼。ラジオで「電波塔の道化師と会うことになった」と言わせる。
 ラジオを聴いていた沢田はがく然。いったい誰が自分の名をかたって…。沢田はラジオ局から出てきた若菜を尾行、ライアー・ドーパントに変身して成り行きを見守るが…。
 すべては翔太郎らが仕掛けたワナだった。W(ダブル)とアクセルの合体攻撃にライアー・ドーパントは粉砕、変身を解除した沢田は号泣する。その涙は一片の和紙に吸い取られ…。
「フーティック・アイドル」に出演。審査員に酷評されたジミーだったが、上木彩矢(本人)からは「ハートは感じた」と意外な言葉も。ゆきほとも仲直りし、2人は同じ工場で働くことに。
 一方、クイーンとエリザベスはCDデビューが決定。大喜びだが、なぜか巷では翔太郎とフィリップの仮面シンガーが話題に。もう一度やろう、というフィリップに思わず逃げ回る翔太郎で…。
公式サイトより)



 
さあ、お前の罪を数えろ!!

 というわけで、久々の決め台詞発動。
 亜樹子は女性役にも着けなかったりしているほどのギャグキャラクタとなっておりますが、それでも努力を嘘で認めさせるのは良くないという話。
 敵の正体も口癖でバレてしまったり間抜けさもあるのですが、やはり厄介な敵でした。
 また、最後の決め技も久しぶりのジョーカーエクストリーム。
 アクセルこと竜とのコンビ技もなかなか良かったので、ガンバライドでも登場しないかな?
 一方、Wのメモリの医者と密会に微妙な表情であるお姉さんもいましたが、お子様には関係ないかも;; 
 偽物を演じる翔太郎も凄いですが、フィリップ君もなかなか変装が。
 今回の兄貴は格好良かったですし、一度は見てほしいかも。

 それでは、この辺りで。
 OPは今回までの変更かな?
 ではでは、

 ちぇりお!

スポンサードリンク

 ランキング参加中~♪
 宜しければ一つポチっとお願いします。↓

人気ブログランキングへ


ブログランキングへ行かれる方はこちらからどうぞ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 アニメブログへ

テーマ:仮面ライダーW(ダブル) - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
仮面ライダーW(ダブル)の第24話を見ました。第24話 唇をLに/嘘つきはお前だライアードーパントが倒されそうになると、才能のないジミーを優勝させるにはドーパントの力がないとダメだとゆきほがドーパントを倒すのを止めさせようとする。その一部始終をジミーが見てし...
2010/02/28(日) 12:04:23 | MAGI☆の日記
copyright © 2005 種のタネによるどうでも良い日々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.