FC2ブログ
種のタネによるどうでも良い日々
本当にタイトルどおりどうでも良い日々や勝手な思い込みを書いていきたいと思っておりますですよ。
戦場のヴァルキュリア 第二十三章「愛のかたち」感想&動画。
 うっさ~

 さて、すれ違いが未だに轍のように残ってしまっている「戦場のヴァルキュリア」。
 大切だからこそ。
 第二十三章「愛のかたち」です。

 アリシアは階級が大尉になり、正式に正規軍所属の身となった。第7小隊から離され、次々と戦いに駆り出される。一方の第7小隊の面々は、これまでアリシアと過ごしてきた日々を思い返し、最後に傷つけてしまったことを悔いていた。そこに次の任務が下され、その内容に隊を衝撃が走る。アリシアを引きとめようとするウェルキン。そんな中、ガリアと帝国の戦いはいよいよ佳境に入っていた。正規軍主導の下、帝国軍最後の拠点ギルランダイオ要塞で掃討戦を挑むことになる。その最前線に立つのは、やはりアリシアだった!
(公式サイトより)




化物……。

無題

 というわけで、勝手に力を求め、その力を「化物」と呼び、嘲笑する正規軍。
 そこに怒りを顕わにするウェルキンと第7小隊。
 上に上がれば上がるほど人間腐っていく、というのが見られます。 
 しかし、その思いと裏腹にアリシアは全員の安全を最優先にし、遠ざけることを願います。
 これも一度起きてしまった溝の所為でしょうね。
 だが、一度ウェルキンの姿を見かけると、つい行動が先行しそうになる。

無題1

 もっと素直に、あるがままで良いと思いますが、やはり軍。
 自己の尊重よりも全体の統制が最優先。
 勝手なようで国のため。
 何が正しいのかは知りませんが、自身をなくしてしまうのは良くないこと。
 一つくらいは守りましょう。

第二十三章「愛のかたち」動画

 それでは、この辺りで。
 次回はヴァルキュリア同士の闘いですが、勝てるかな?
 ではでは、

 さっう~
スポンサードリンク

 ランキング参加中~♪
 宜しければ一つポチっとお願いします。↓

人気ブログランキングへ


ブログランキングへ行かれる方はこちらからどうぞ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 アニメブログへ

テーマ:戦場のヴァルキュリア - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 種のタネによるどうでも良い日々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.