FC2ブログ
種のタネによるどうでも良い日々
本当にタイトルどおりどうでも良い日々や勝手な思い込みを書いていきたいと思っておりますですよ。
とある魔術の禁書目録 24話(最終話)「虚数学区・五行機関」感想。
 うっさ~

 さて、関西では23話との連続放送となってしまった「とある魔術の禁書目録」。
 想いと想いの交錯、そして衝突!?
 24話(最終話)「虚数学区・五行機関」です。





 引き止められなかった右腕。

無題

 風斬を追いかけて走る当麻くんの前に現れる魔術師シェリー。

魔術師は魔術師の、超能力者は超能力者の。

私達は棲み分けすべきよ!!


無題1

 互いの境界線を越えるなという彼女の発言には重みがあった。
 超能力者が魔術を使うと躰が砕ける、は既に実験済みのことであり、それがお友達ともあれば行動を決まってくるのかもしれませんね。
 しかし、そんな想いにもたった一言。

くっだらねぇ!!

 どうすれば良いのか、どれが正しいのか、わかっていても気付いていても止まれない時がある。
 選べない時もある。
 だからこそ、

止めて欲しいという望みを叶えるために、他の幻想を殺す!!

無題2

 ただ、強すぎません、このパンチ;;
 一度目でコンクリートが陥没するほどの威力を発揮していますし、いくら強度が減ったからといってもね;;
 さすが説教チート主人公!!
 その一方では、自身の存在を掛けても友達を守る風斬さんの姿が。

無題3

 化け物だから、なんて痛い言葉ですね。
 化け物って何なのでしょうね?
 どのような定義なのかな?
 私にはわかりませんが、この作品の世界では、心の奥底から叫ぶ瞬間、王道は発動する!?

無題4

 必ずといっても良いほどのベストシーンに登場!!

お前の住んでる世界にはまだまだ救いがあるってことを!!

 しかし、現実は無情。
 しかし、人は生温く優しく。
 しかし、望みは叶う瞬間はある。
 
無題5

「氷華、また遊んでくれるよね?」

「もちろん」


 永遠の別れではない。
 また逢える。
 そんな希望を幻想を持ちながらの再会を約束する言葉。
 この幻想は大丈夫かな?

 そして、最終話らしい全員の後日。

無題6

 第2期を予兆させる新たなキャラクタ(川澄さん)もいらっしゃいましたし、私的には期待期待。
 そしてそして、第2期とは少し違ってはいますが、主人公を変えた別ルートの話がアニメ化決定のようです。

無題7

 ヒロインから主人公にランクアップか!?

 それでは、この辺りで。
 何だかんだで結構面白かった作品でした。
 やっぱり女性キャラクタのおかげかな?
 ではでは、

 さっう~

スポンサードリンク

 ランキング参加中~♪
 宜しければ一つポチっとお願いします。↓

人気ブログランキングへ


ブログランキングへ行かれる方はこちらからどうぞ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 アニメブログへ

テーマ:とある魔術の禁書目録 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 種のタネによるどうでも良い日々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.