FC2ブログ
種のタネによるどうでも良い日々
本当にタイトルどおりどうでも良い日々や勝手な思い込みを書いていきたいと思っておりますですよ。
とある魔術の禁書目録 第22話「石像」感想。
 うっさ~

 さて、地下世界こと地下街での戦闘が勃発する「とある魔術の禁書目録」。
 風斬の本当の姿が。
 第22話「石像」です。




 放課後。上条とインデックスは、「ともだち」になった風斬とともに地下街へ。食事をしたり『魔法少女カナミン』コスプレに着替えて撮影をしたりと、インデックスいわくの「ガッコー生活」を楽しんでいた3人だったが、風紀委員(ジャッジメント)の少女に呼び止められる。学園都市に侵入した「テロリスト」捕獲のため、隔壁をおろして地下街を閉鎖するという。即刻避難を命じられ、地下街を移動している途中、3人は奇妙なものを見つける。それは壁に張り付いた眼球──ゴーレム魔術の一端だった。その眼球から放たれた「ぶち殺す」という物騒な言動に、インデックスと風斬を逃がそうとする上条。そんな彼らのその目の前に、美琴とその後輩・白井黒子が現れる。これで避難も無事成功……と思いきや、なぜか上条を巡って美琴とインデックスの「戦い」が始まってしまい……!?
(公式サイトより)




 同じ轍は踏みま……、すよ、主人公だからね!!

無題

 またもお着替え途中を覗く?結果となってしまう当麻くん。
 役得、といえばそうなのでしょうが、災難、ともいえなくもなかったり;;
 どちらにしても、美味しい人です。
 その後、すぐに地下での騒動が勃発。
 魔術師が攻め込んできたので迎え撃つこととするが、その前に接触したのはビリビリさん。

無題1

当麻はどっちを選ぶの!!

 唐突なる選択を迫られる状況。
 誰を先に脱出させれば良いのか?
 インデックスを選んだ場合は、

当麻……、それはこの短髪と残るって言いたいんだよね?
 
 と、睨まれる。

無題2

 また、御坂を選んだ場合は。

ほぉ、アンタはこのちっこいのと残りたいと。
 
 怒りの言葉。

無題3

 本当に迷惑なお二人。
 まあ、それだけモテているということなのでしょうけどね。
 羨ま、いや、大変なことです。
 そして、科学側の抵抗は続くもののまったく相手にならない。
 いや、というよりも、

拳銃が効かないのであればそれ相応の科学的対処をするべきなのでは?
 
 なんて思ってしまったり。
 ストーリ上しかたないのかな?
 そしてそして、風斬さんの正体が明らかに!?
 
無題4

 現象、ある集合体である存在らしいのですが、本人さえも気付かなかったとはある意味不幸。
 しかし、これはある意味では不死身の存在なのでは?
 人としての情報集合体とするならば、情報結合が不安定になるか情報の欠損などがなければ消えいくことはないのかな?
 う~ん、まだはっきり理解できませんね。
 今回も小萌先生は説明係。

無題5

 その笑顔は皆さんを後押しする力がありますよ。
 最後には、やはりこの方。

無題6

触れれば消えてしまうような幻想に過ぎなくたって、

あいつが消えていい理由になんてなってたまるか!!


 それでは、この辺りで。
 主人公は常に王道の登場がつきもの。
 ではでは、

 それではなのですぅ~


スポンサードリンク

 ランキング参加中~♪
 宜しければ一つポチっとお願いします。↓

人気ブログランキングへ


ブログランキングへ行かれる方はこちらからどうぞ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 アニメブログへ

テーマ:とある魔術の禁書目録 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 種のタネによるどうでも良い日々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.